実家を出るというワクワク

私の実家は、まぁまぁ過保護な家でした。

私が間違った道を進まない様に、失敗しないように、両親が先回りして道を整えてくれるような家でした。

普通に考えれば、ありがたい話なのですが、私にとってはそれが窮屈なものでした。

高校は自転車通学圏内なので、放課後どこかに遊びに行くということもありませんでした。

大学生になってから、先輩や友達と遊ぶ楽しみを知りました。

夜も遅くなり、家から閉め出されそうになることもありました。

口うるさく「早く帰ってくるように」と怒られる毎日。

「あ~~~~、ほんまうるさいなぁ~~~(+_+)」

そんな中、就職が決まりました。

家から通勤1時間半の会社でした。

会社から、社宅の選択肢が提示されました。

「チャ~~~ンス(´艸`*)」

この家を出ることができる!!

そして春から一人ぼっちのお気楽な生活が始まりました(*^-^*)

一人ぼっちと言っても、社宅には同期がたくさんいて、入社式前からどんちゃん騒ぎで楽しんじゃいました。

一人暮らしをすると、親のありがたみがよくわかりました。

家に帰って、温かいご飯が準備されている、洗濯物がきちんと畳んである。

今でも、たまに実家に帰ると感謝の気持ちでいっぱいになります。

働き方は正社員でも、派遣でも、新しい環境になるって新鮮でいいと思います。

実家暮らしもいいですが、自分の家庭を持つ前に、「一人ぼっちの時間を持つ」というのも、貴重な体験だと思います♪若い時は特にね♪

■スポンサーリンク

■ランキングに参加しています。
↓このブログを気に入っていただけましたら、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村