「アプリケーションを正しく起動できませんでした(0xc0000142)」から一夜明けて

昨日、「アプリケーションを正しく起動できませんでした(0xc0000142)」のエラーがExcelで出たまま帰宅してしまった私。

朝、電車の中でソワソワ。

もう、やれることは決まっているのに、スマホでなんかいろいろ調べちゃって・・・。

でも、出てくる情報は同じなんですよね。

1.画面左下隅の [スタート] ボタンを右クリックして、ポップアップメニューの [アプリと機能] を選択。(左クリックだとメニューが出てきちゃいます。)

これはWindows10の場合で、Windows8だと、[コントロールパネル]→[プログラムのアンインストール]になります。

2.修復する Microsoft Office 製品を選択して、[変更] を選択。

「Microsoft Office Professional 2016-ja-jp」みたいな名前のものがあるはずです。
Windows8の場合は、それを選択して右クリックすると[変更]メニューが出てきます。

3.まずは[クイック修復]を選択。

昨日は、これがうまくいかず時間切れ・・・

■スポンサーリンク

今日はその続き。

4.[クイック修復]の下にある[オンライン修復]を選択。

昨日のWindows更新もかなり時間が掛かったけど、Officeの修復作業もなかなか時間がかかる・・・。

他の作業をしながら、ずっと待っていたのですが画面は

「1/4」

から一向に進みません。

15分は待ったぞ!

と、イラつきながら、作業中の画面をどけてみると・・・。

朝一番で立ち上げたエクセルの

「アプリケーションを正しく起動できませんでした(0xc0000142)」

のエラーダイアログが立ち上がりっぱなしでした。

このオンライン修復作業、Office製品を全て閉じておかないとできません。

Office製品を閉じるように・・という旨のダイアログも立ち上がっていました。

「ムハァ~~この15分もの間、このダイアログに気づかないとは・・・(+_+)」

ということで、不要なダイアログを全て閉じて、Excelも閉じて・・・

再度、[オンライン修復]を選択。

すると

「Officeをインストールしています。すぐに完了します。」

という画面が大きく立ち上がります。

ほう・・・すぐに完了するのね。

と、思っていたら、すぐでは無かったです。

期待してはいけません。

「すぐ」に期待する時間は、個人差がございます。

関西人の私は「すぐ」なんて言われたら、1分も待てません。

しかし、ここはガマンです。

昨日から、あんなに耐えてきたじゃありませんか!!

ぐっと堪えること15分くらいでしょうか・・・。

ようやく終了しました。

再起動することなく、エクセルを立ち上げてみました。

「祝(*´▽`*) 、Excel無事に立ち上がりました!!」

よかったです。

もしこれに失敗していたら、Officeをアンインストールして再インストールしないといけないところでした(*´Д`)

■スポンサーリンク

■ランキングに参加しています。
↓このブログを気に入っていただけましたら、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村