Excel 関数で ミリ秒を含む時間の秒数を取り出す

本日のミッション

セルA2に入った「1:42:54.567」の秒とミリ秒を取り出せ

そんなの簡単だい!

秒=second(A2)

ミリ秒=VALUE(RIGHT(TEXT(A2,”hh:mm:ss.000″),3))*0.001

とやってみたものの結果は・・・

あれ?54秒のところ、55秒になってる???

このナゾ・・・

■スポンサーリンク

セルA2はセルの書式設定で

「h:mm:ss.000」

ってなっているんですけど、この書式設定を通常の

「h:mm:ss」

にすると

1:42:55

になりますやん!ミリ秒のところ、四捨五入されている!?

Excelさん的には、何の間違えもないと、胸を張って語っていらっしゃる。

そうなると、こちらにも工夫が必要。

で、考えたのはミリ秒を算出した数式を応用して

秒=ROUNDDOWN(VALUE(RIGHT(TEXT(A2,”hh:mm:ss.000″),6)),0)

1.TEXT関数を用いて書式設定で”01:42:54.567”という文字列を抽出します。

2.RIGHT関数で、右から6文字「54.567」を取り出します。

3.VALUE関数で、文字列を数字に変換します。

4.ROUNDDOWN関数で「54.567」の小数点以下を切り捨てます。

そうすると・・・

できました!!

あ~すっきり(#^.^#)Excelは奥が深い(#^.^#)

■スポンサーリンク

■ランキングに参加しています。
↓このブログを気に入っていただけましたら、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村