結局よく使うExcel 便利なショートカットキーは数個

昔、印刷会社に勤めていた頃は

「ショートカットキーを極めたものが、仕事を早く終わらせる」

と、いろいろなショートカットキーを教えてもらいました。

私は社会人になってから初めて与えられたのが、白黒のノートMacでした。

印刷会社の編集部門に所属していましたが、事務・校正が主な業務だったので、全てのショートカットキーを覚えていたわけではないのですが・・・。

その頃から、

Ctrl+C・・・選択したセルをコピー
Ctrl+X・・・選択したセルを切り取り
Ctrl+V・・・コピー・切り取りしたセルの内容を任意のセルに貼り付け
Ctrl+Z・・・直前の操作を元に戻す
Ctrl+Y・・・直前の操作を繰り返す
Ctrl+A・・・ワークシート全体を選択
Ctrl+S・・・作業中のファイルを上書保存
Ctrl+P・・・印刷画面を開く
Ctrl+B・・・文字をボールドにする
Ctrl+U・・・文字にアンダーバーをつける

は、体に染みついてますね。

■スポンサーリンク

ただ、PCが変わると、Ctrlキーの位置が変わるので、慣れるまで少し時間がかかりますが。

ある引継ぎの時に、コピーをするときにわざわざマウスで選択して右クリックで「コピー」「貼り付け」をしている子が居たので、

「ショートカットキー便利ですよって」

お伝えしたんです。そしたら

「私は、こっちのほうが好きなんです」

という答えが返ってきました。

それからは、自分のショートカットキーの便利さを誰にでもお伝えするのではなく、業務短縮を望む方にお伝えするようにしています。

Excelで仕事をする際には、

Ctrl+D・・・上のセルの内容をコピー
Ctrl+H・・・置換ダイアログボックス表示
Ctrl+F・・・検索ダイアログボックス表示
Alt+F11・・・VBE(Visual Basic Editor)起動
F4・・・・・数式のセル番地を選択してF4キーを押すと絶対参照・相対参照にするための「$」をつけたり取ったりしてくれる
F12・・・名前を付けて保存
F2・・・選択しているセルを編集状態にする
Ctrl + (↑→←↓の矢印)・・・アクティブセルからデータが入っている範囲の(矢印の方向の)一番端のみを選択
Ctrl + Shift + (↑→←↓の矢印)・・・アクティブセルからデータが入っている範囲の(矢印の方向の)一番端まで全て選択

を主に使用しています。

他にもたくさんあるのですが、自分が使いやすいものだけをチョイスして使っています。

自分に合った方法を探すことが大切ですね。

■スポンサーリンク

■ランキングに参加しています。
↓このブログを気に入っていただけましたら、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村