40代シングルマザー派遣社員 コロナと闘う

コロナが世で騒がれるようになってから、派遣でシングルマザーである私は、仕事を失わないために必死で闘ってきました。

闘うといっても、実際にコロナと闘えるわけではないのですが・・・。

お医者様でも、看護師さんでもありませんので、、、そんな力はありません。

ただただ、今の日常を失わないために・・・。

マスク・手洗い・うがい。人ごみに出かけない。

楽しい日常をひたすら我慢して、家に閉じこもりの日々。

ニュースで大勢の方がコロナにかかっていらっしゃると・・・いつ自分もコロナになるかもしれない・・・。

仕事に出かけるときは、ドキドキしながら通勤電車に乗り・・・。

今日までコロナにならなかったのは、「たまたま」。

今日も明日も、いつかかってもおかしくないのです。

そんな私ですが、今日は病院に行きました。

「咳」

で病院に行きました。

■スポンサーリンク

元々気管支炎持ちのため、咳が出始めると気管支炎のお薬をもらいに行きます。

ただ、コロナが世に出てからは、自宅にある薬だけで今までやり過ごしてきました。
咳が出るのに、病院なんて行けません。

幸い、この数か月暖かい季節だったので、症状もひどくならず過ごしてきました。

でも、ここ数日気温が下がってきてから、咳が少し出るようになってきました。

特に朝方出て、幸いなことに昼間は治まっています。

昼間咳が出るようになってしまったら・・・。

電車になんか乗ることできません。睨まれます。

会社でも白い目で見られてしまいます。避けられます。

家に帰ってくださいと言われるかもしれません。

シングルマザー派遣社員。無一文になっては困ります。

症状はひどくないのですが、今のうちに病院で薬をもらうことにしました。

熱はありません。咳もひどくありません。

でも、咳の症状で来院したことは伝えなくてはいけません。

「あの・・・咳だけなんですけど・・・前に頂いたお薬を頂きたくて・・・」

と、病院の入り口で伝えると、騒然。

「〇〇さん!!(看護師さん)咳だけっておっしゃってるんですけど、どうしたらいいですか?」

「とりあえず、隔離部屋に行ってください!!」

隔離部屋で看護師さんに熱を測るように言われ、熱を測りました。

熱はありません。

看護師さんに、症状を伝え、気管支炎で以前薬をもらったことを伝え、今回も同じ薬が欲しいと伝えました。

しばらくすると、先生が強そうなマスクとフェイスシールドをつけて入ってこられました。

それからひたすらコロナではないか・・・という内容の問診。

症状が出てきた時期。

咳以外の症状。熱・風邪症状は他にないか。のどは痛くないか。

身近にコロナ発症の方がいなかったか。

人ごみに入っていないか。

のどに痛みが無いので、マスクをとってのどの診察はありませんでした。

胸の音だけ聴診器を数回当てて終了。

ようやく、薬が頂けました。

もし、今以上咳が出ていたら・・・かかりつけの病院で「いつもの薬」をもらうことはできなかったでしょう・・・。

病院の入り口で、コロナコールセンターに電話して、指定の病院に行くように言われたと思います。

これだけ症状が出ていない時でも、「咳」というキーワードを出すだけで大騒ぎでした。これから寒くなって、今の薬が無くなってしまったら・・・。

あぁ・・・不安がいっぱい。

■スポンサーリンク

■ランキングに参加しています。
↓このブログを気に入っていただけましたら、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村