離れた複数列をまとめて列番号(数字)で選択する方法(Excel VBA)

【本日のミッション】

Excel VBAにて、離れた複数列をまとめて選択せよ。
ただし、列番号にはアルファベットを使用せず、数字のみで選択すること。

ミッションの概要

下記のように選択したい、というミッションです。
でも、B列、D列という風にアルファベットは使わずに、2列目、4列目という風に数字で表現すること、という条件付きです。

プロシージャ

答えはこちら3つ目の「離れた列を選択3」プロシージャになります。

Sub 離れた列を選択1()
    Range("B:B,D:D,F:H").Select
End Sub

Sub 離れた列を選択2()
    Range("B1,D1,F1:H1").EntireColumn.Select
End Sub

Sub 離れた列を選択3()
    Union(Columns(2), Columns(4), Range(Columns(6), Columns(8))).Select
End Sub

列番号が決まっているときはいいんですよ。

「離れた列を選択1」とか「離れた列を選択2」プロシージャで。

出来上がったコードも何をしているのか一目瞭然ですものね。

でもね、でもね、実際の業務はそんなに甘くないの。

何かの列の3行右の列とか、ある列番号×10の列とか・・・、いろいろやんなくっちゃいけないわけ。

そんなときは、「離れた列を選択3」プロシージャの方法がとっても役に立ちます。

Unionメソッド

Union(セル範囲1,セル範囲2,セル範囲3,セル範囲4以降・・・)

複数のセル範囲をひとまとまりの集合体にします。

今回の例であれば、2列目、4列目、6~8列目を一つの集合体として選択しています。

ちなみに「セル範囲1」と「セル範囲2」は必ず指定しないといけません。集合体を作るわけですからね♪

参照

「数字が文字列として保存されています。」を一括で数字に変換
データが増減しても参照先を変更しない名前の管理(Excel)
連動するドロップダウンリストを名前の管理・入力規制・OFFSET・INDIRECTを使って「リストが表示されない」を解決(Excel)
Excel 複数セル内の改行(Alt+Enter)を一括で解除する方法
Excel関数を使って 縦の表に連動した(リンクした)横の表を一括で作成せよ
ワイルドカードとは。使い方いろいろ。(Excel)

■スポンサーリンク

■ランキングに参加しています。
↓このブログを気に入っていただけましたら、ポチッとお願いします。
人気ブログランキングへ