卵アレルギーになっても転職せず夢を叶える

今朝、読売テレビの「グッと!地球便」にて、patissier_woman
ちょっと感激したお話を。

子どものころ、自分の作ったケーキに家族が

「おいしい!」

と言ってくれたことをきっかけに、パティシエのお仕事に!

しかし、24歳の時に突然、重度の卵アレルギーに。

一旦は転職して調理の専門学校で働き始めたのですが

卵を使わないシュガークラフト」という製菓の技術を知り、

単身、本場イタリアへ。

権威あるシュガークラフトのコンテストで6つも受賞されるほど。

現在は、オランダでシュガークラフトの技術を生かした

オーダーメイドケーキを作るパティシエさんをされています。

シュガークラフトを使うといっても、デコレーションに使用するだけで

本体のケーキ部分には卵を使用します。

味見をするときは、口に含み、味と食感を確認後口から出します。

それでも口の中が痒くなってしまうんですって。

ケーキを作る時は、手袋をしての作業。

生活はとても厳しく、食事はパンとチーズのみ。

そこまでしても、ケーキ作りが大好きで、大好きで仕方ないのですね。

彼女の目には、ゆるぎないケーキに対する愛情を感じました。

ご両親の立場を考えると、心配で心配でしょうがないですよね。

重度の卵アレルギーで、下手をしたらアナフィラキシーショックで

死んでしまいかもしれないのですよ。

命をかけてまで、好きな仕事を生涯貫く。その姿にとても感銘を受けました。



■ランキングに参加しています。
↓このブログを気に入っていただけましたら、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする