電通の鬼十則から 転職・退職への道

違法な長時間労働で女性を自殺に追いこんだ広告代理店「電通」の「鬼十則

flower_hasu

1. 仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない。
2. 仕事とは、先手先手と働き掛けていくことで、受け身でやるものではない。
3. 大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする
4. 難しい仕事を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。
5. 取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……。
6. 周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地のひらきができる
7. 計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。
8. 自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚味すらがない
9. 頭は常に全回転、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、サービスとはそのようなものだ。
10. 摩擦を怖れるな、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、でないと君は卑屈未練になる

■スポンサーリンク

実は私も、電通に憧れていた一人
短大卒がダメだったのか、広告代理店へは1社も書類選考すら通らず、その道をあきらめ印刷会社に入社しました。
印刷会社も結構な労働状況で、うつ病になられる方も少なくありませんでした。私も一時期涙が止まらない、という変な状態になったことがあります。

自殺された女性・・・ここまで追い込まれて、早く退社転職される道を選ばれたらよかったのに、と思うところなのですが、それを考える正常な精神状態も奪われてしまっていたのでしょうね。「鬼十則」を見ていると想像ができます。彼女がどういう気持ちで毎日を過ごされていたか想像すると胸が張り裂けそうです。
正しい捜査が行われ、彼女の無念が少しでも晴らされますように。心よりご冥福をお祈り申し上げます。
また、現在も厳しい状況で就業されている方々の労働環境がよい方向に見直されることをお祈り申し上げます。

■スポンサーリンク

■ランキングに参加しています。
↓このブログを気に入っていただけましたら、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村