データの入っている表を一括で選択する方法1(Excel VBA)

【本日のミッション】

表になっているデータ部分を、Excel VBA 1行のコードで一気に選択せよ

ミッションの概要

下記のような表があります。

現在、セルB3を選択しています。

この状態で、一気に表を選択する、というミッションです。

プロシージャ

答えはこちらです。

Sub 表を一括選択()
    Selection.CurrentRegion.Select
End Sub

結果はこちら。

この CurrentRegion の働きですが、指定したセル(今回はSelectionとしています。)が含まれるデータのつながったひとかたまりの表を選択してくれます。

「ひとかたまり」って?というと、まず周りが空白で囲まれている内側の範囲です。

周りが空白で囲まれているからって、データの入力部分が途切れていると・・・

こんな風に選択されちゃいますので、ご注意ください。

このデータのかたまりは、常につながっているという確証がある場合のみ使用できる

CurrentRegion

らくちんポンで選択できるのでお手軽です♪

参照

「数字が文字列として保存されています。」を一括で数字に変換
データが増減しても参照先を変更しない名前の管理(Excel)
連動するドロップダウンリストを名前の管理・入力規制・OFFSET・INDIRECTを使って「リストが表示されない」を解決(Excel)
Excel 複数セル内の改行(Alt+Enter)を一括で解除する方法
Excel関数を使って 縦の表に連動した(リンクした)横の表を一括で作成せよ
ワイルドカードとは。使い方いろいろ。(Excel)

■スポンサーリンク

■ランキングに参加しています。
↓このブログを気に入っていただけましたら、ポチッとお願いします。
人気ブログランキングへ