ユーザーフォームの作成方法 準備(Excel VBA)

【本日のミッション】

エクセルでユーザーフォームを一から作成せよ。

ミッションの概要

Excelで初めてフォームを使うことになったとき、正直何から始めていいのかさっぱりわかりませんでした。

UserFormを表示させてみたものの、どこにコードを書いていいのか。

やりたい処理は頭に浮かぶけど、それを実現化する術がみつかりませんでした。

今から数回にかけまして、フォーム作成の基礎部分をご説明させていただこうと思います。

今回は、フォームの土台を準備するミッションです。

開発タブを表示させる

フォームを作るにはExcel画面とは異なる、VBE(Visual Basic Editor)画面を表示させる必要があります。

しかしながら、Excelの初期設定ではVBEを表示させるボタンのある[開発タブ]が表示されていません。

もし[表示タブ]の右側に[開発タブ]が見当たらない方は、

VBA(マクロ)作成の前、リボンに開発タブを表示させる(Excel VBA)

を参考に、[開発タブ]を表示させてください。

フォームを作るためのVBE画面を表示させる

[開発タブ]-[Visual Basic]をクリックします。(またはAlt+F11キー

VBE(Visual Basic Editor)画面が表示されます。

画面左のプロジェクトエクスプローラーで、フォームを作りたいブックの名前の入ったVBAProjectのツリー(ブックを構成しているシートやフォームやモジュールがVBAProjectの下にぶら下がっています。)のどこかが選択されていることを確認します。

プロジェクトエクスプローラーが表示されていない場合は、Ctrl+Rで表示することができます。

VBAProject(フォームを作りたいブックの名前)

[挿入]-[ユーザーフォーム]をクリックします。

または、標準ツールバーの[オブジェクトの挿入]-「ユーザーフォーム]をクリックします。
標準ツールバーが表示されていない場合は、[表示]-[ツールバー]ー[標準]で表示させることができます。

プロジェクトエクスプローラーにフォームフォルダができ、「UserForm1」というものが追加されました。画面右のオブジェクトウインドウには、大きな「UserForm1」が勝手に作られています。この2つの「UserForm1」は同じものです。

次回は、このユーザーフォームにいろいろな機能を加えていきたいと思います。

【参考】

VBA(マクロ)作成の前、リボンに開発タブを表示させる(Excel VBA)
ユーザーフォームの作成方法 準備(Excel VBA)
Excel2016 ‘ファイル名’ の一部の内容に問題が見つかりました。可能な限り内容を回復しますか?
Excel2016 ‘ファイル名’ の一部の内容に問題が見つかりました。可能な限り内容を回復しますか?続報1
Excel2016 ‘ファイル名’ の一部の内容に問題が見つかりました。可能な限り内容を回復しますか?続報2
ユーザーフォームのオブジェクトの名前を「UserForm1」から変更する方法(Excel VBA)
ユーザーフォームの上のバー(タイトルバー)の名前を「UserForm1」から変更する(Excel VBA)

■■■スポンサーリンク■■■