ユーザーフォームの作成方法 準備(Excel VBA)

【本日のミッション】

エクセルでユーザーフォームを一から作成せよ。

ミッションの概要

Excelで初めてフォームを使うことになったとき、正直何から始めていいのかさっぱりわかりませんでした。

UserFormを表示させてみたものの、どこにコードを書いていいのか。

やりたい処理は頭に浮かぶけど、それを実現化する術がみつかりませんでした。

今から数回にかけまして、フォーム作成の基礎部分をご説明させていただこうと思います。

今回は、フォームの土台を準備するミッションです。

開発タブを表示させる

フォームを作るにはExcel画面とは異なる、VBE(Visual Basic Editor)画面を表示させる必要があります。

しかしながら、Excelの初期設定ではVBEを表示させるボタンのある[開発タブ]が表示されていません。

もし[表示タブ]の右側に[開発タブ]が見当たらない方は、

VBA(マクロ)作成の前、リボンに開発タブを表示させる(Excel VBA)

を参考に、[開発タブ]を表示させてください。

フォームを作るためのVBE画面を表示させる

[開発タブ]-[Visual Basic]をクリックします。(またはAlt+F11キー

VBE(Visual Basic Editor)画面が表示されます。

画面左のプロジェクトエクスプローラーで、フォームを作りたいブックの名前の入ったVBAProjectのツリー(ブックを構成しているシートやフォームやモジュールがVBAProjectの下にぶら下がっています。)のどこかが選択されていることを確認します。

プロジェクトエクスプローラーが表示されていない場合は、Ctrl+Rで表示することができます。

VBAProject(フォームを作りたいブックの名前)

[挿入]-[ユーザーフォーム]をクリックします。

または、標準ツールバーの[オブジェクトの挿入]-「ユーザーフォーム]をクリックします。
標準ツールバーが表示されていない場合は、[表示]-[ツールバー]ー[標準]で表示させることができます。

プロジェクトエクスプローラーにフォームフォルダができ、「UserForm1」というものが追加されました。画面右のオブジェクトウインドウには、大きな「UserForm1」が勝手に作られています。この2つの「UserForm1」は同じものです。

次回は、このユーザーフォームにいろいろな機能を加えていきたいと思います。

【参考】

VBA(マクロ)作成の前、リボンに開発タブを表示させる(Excel VBA)
ユーザーフォームの作成方法 準備(Excel VBA)
ユーザーフォームのオブジェクトの名前を「UserForm1」から変更する方法(Excel VBA)
ユーザーフォームの上のバー(タイトルバー)の名前を「UserForm1」から変更する(Excel VBA)
ユーザーフォームのオブジェクトウィンドウとコードウィンドウを表示切替させる方法(Excel VBA)
「オブジェクト名が不正です」を出さないようにユーザーフォームオブジェクト名を命名規則に従って変更(Excel VBA)
エクセルファイルが開いた時にユーザーフォームを表示させる方法(Excel VBA)
エクセル フォームのラベルのテキストを縦書きにする方法(Excel VBA)
AddItemメソッドを使ってコンボボックスの値リストを設定する(Excel VBA)
RowSourceプロパティを使ってセル範囲とコンボボックスの値リストをリンク設定させる(Excel VBA)
RowSourceプロパティでリンク設定したコンボボックス値リストにデータを追加・削除する(Excel VBA)
コンボボックスにListプロパティを使って 配列に格納したセルデータを値リストとして設定する(Excel VBA)
既存のコンボボックスの値リストにAddItemメソッドでデータを追加する(Excel VBA)
既存のコンボボックスの値リストのデータを、Clearメソッドで全て削除して初期化する(Excel VBA)
既存のコンボボックスの値リストの項目を1件 RemoveItemメソッドで削除する(Excel VBA)
選択する項目の文字数に応じてコンボボックスのサイズ(幅・高さ)を自動変更する(Excel VBA)
コンボボックス 値リストに設定した項目以外は入力できないようにする(Excel VBA)
コンボボックス 値リストに設定した項目以外も入力できるようにする(Excel VBA)
コンボボックス プルダウンを開いた時の値リストの最大表示件数を指定する(Excel VBA)
コンボボックス ドロップダウンのポチってするところ(ドロップボタンスタイル)を▼から変更する(Excel VBA)
コンボボックス リストの中から初期値を設定するListIndexプロパティ(Excel VBA)
コンボボックスの値リストに設定された項目の件数を取得する(Excel VBA)
RowSourceプロパティを使って、複数列のセル範囲とコンボボックスの値リストをリンク設定(Excel VBA)
コンボボックスにListプロパティを使って配列に格納した複数列のセルデータを値リストとして設定(Excel VBA)
コンボボックス 複数列の値リストの列幅を変えたり非表示にしたりする設定(Excel VBA)
複数列の値リストからコンボボックスに表示する列・Textプロパティで値を取得する列を設定(Excel VBA)
コンボボックスに表示されている項目がリストの上から何番目(インデックス値)かを取得(Excel VBA)
コンボボックスの値リストに列見出しを表示する設定 ColumnHeadsで見出しが設定できない理由(Excel VBA)
コンボボックス ドロップダウンの▼(ドロップボタン)を表示・非表示にするタイミングを設定(Excel VBA)
コンボボックス 表面の形状を色々な立体的表示に変更する設定(Excel VBA)
コンボボックスの左端の余白「セレクションマージン」って何?この余白を無くす方法は?(Excel VBA)
コンボボックス値リストAddItemメソッド・RowSourceプロパティ・Listプロパティ違い Excel VBA
コンボボックス 値リストの表示項目件数を変更する設定(Excel VBA)
コンボボックスで選択した値を別フィールドにドラッグアンドドロップで簡単テキスト移動できる設定(Excel VBA)
コンボボックス 複数列ある値リストから表示されていない列のデータを取得する方法1(Excel VBA)
コンボボックス 複数列ある値リストから表示されていない列のデータを取得する方法2(Excel VBA)
コンボボックス TextプロパティとValueプロパティの違い(Excel VBA)
コンボボックスに重複しないユニークな値リスト(1列)を設定する(Excel VBA)
コンボボックスに重複しないユニークな値リスト(複数2列)を設定する(Excel VBA)
コンボボックスに重複しないユニークな値リスト(複数列 3列以上)を設定する(Excel VBA)

■■■スポンサーリンク■■■