コンボボックスにListプロパティを使って配列に格納した複数列のセルデータを値リストとして設定(Excel VBA)

【本日のミッション】

コンボボックスにListプロパティを使って、配列に格納した複数列のセルデータを値リストとして設定せよ。

ミッションの概要

複数列のセル範囲データを配列に格納し、コンボボックスにListプロパティを使って値リストとして設定せよ、というのが今回のミッションです。

コンボボックスにListプロパティを使って 配列に格納したセルデータを値リストとして設定する(Excel VBA)では一列だけのデータを値リストにしていましたが、今回は複数列を値リストにしてみます。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ユーザーフォームに コンボボックスを作る

ユーザーフォームを開く

画面左のプロジェクトエクスプローラーから、ユーザーフォームをダブルクリックして開きます。

コンボボックスを作るためのツールボックスを、下記方法で表示させます。

ツールボックスを表示する方法1

[表示]-[ツールボックス]

ツールボックスを表示する方法2

標準ツールバーの[ツールボックス]ボタンをクリックします。

標準ツールバーが表示されていない場合は、[表示]-[ツールバー]-[標準]で表示されます。

コンボボックスの作成

ツールボックスから「コンボボックス」ボタンをクリックします。

ユーザーフォームのコンボボックスを配置したい位置に、左上からクリックのまま右下までドラッグします。

ユーザーフォームにコンボボックスが作成されます。

左のプロパティウインドウを確認すると、このコンボボックスのオブジェクト名が「ComboBox1」ということが確認できます。

ユーザーフォームの Initialize 処理で、コンボボックスの値リストを設定する

UserForm_Initialize に記述した処理は、ユーザーフォームが画面表示される時に行われます。ユーザーフォームに設置したオブジェクト(コンボボックス・リストボックス・テキストボックス等)で、

  • プルダウンした時に出てきて欲しい値リスト
  • 初めから表示されていて欲しい選択リスト
  • テキストの初期値

等は、ユーザーフォームが開くと同時に設定されるようにしておきます。

今回は、ユーザーフォーム「frmMain」が画面表示される時に、コンボボックス「ComboBox1」に値リストが設定されるようにします。

■■■スポンサーリンク■■■

ユーザーフォームのコードウィンドウを表示

プロジェクトエクスプローラーから、コンボボックスを設置しているユーザーフォームを右クリックします。

[コードの表示]をクリックし、コードウィンドウを表示させます。([F7]キーでもコード表示できます。)

UserFormの選択

コードウィンドウ上部の「(General)」と表示されているプルダウンを開き、「UserForm」を選択します。

自動的に下記コードが挿入されますが、削除するとUserFormの選択が解除されるため、そのままにしておきます。

Initializeの選択

右側のプルダウン(「Click」と表示されています。)を開き、「Initialize」を選択します。

下記コードが表示されます。

ここで先ほどの「Private Sub UserForm_Click() ~ End Sub」は不要になりますので、削除しておきましょう。

UserForm_Initialize にコードの追加

Private Sub UserForm_Initialize ~ End Sub 内に下記の通り、コードを追加します。

Private Sub UserForm_Initialize()
    Dim ary_d 'リストに設定するデータ用配列
    ary_d = Worksheets("サザエさん").Range("A2:D9")
    With ComboBox1
        .ColumnCount = 4               '表示列数
        .TextColumn = 2                '表示列
        .ColumnWidths = "30;35;30;35"  '列幅
        .List = ary_d                  '参照範囲
    End With
End Sub

ユーザーフォームの実行

このコード内にカーソルを置いたまま、[F5]キーをクリックすると(ユーザーフォームの実行)ユーザーフォームが表示されます。

配列に入れるデータの参照先にシート名が含まれていないと、アクティブになっているシートのセルデータが使用されるので注意が必要です。シート名を参照先に含めていない場合は、参照データのシートをアクティブにしてからマクロを実行してください。

ary_d = Worksheets("サザエさん").Range("A2:D9")

コンボボックスの「▼」をクリックすると、配列「ary_d」に格納したセル範囲 A2:D9 のデータが値リストとして表示されます。

今回は、[閉じる]ボタンを付けていないため[×]ボタンでユーザーフォームを閉じます。

■■■スポンサーリンク■■■

Listプロパティ

Listプロパティを使用すると、配列に格納したデータを一括で値リストに設定することができます。

コンボボックスオブジェクト.List = 配列

Listプロパティで設定した値リストは、RowSourceプロパティで設定した値リストと異なり

  • AddItemメソッドでの追加が可能
  • Clear、RemoveItem メソッドでの削除が可能

になります。

ワークシートのセル範囲のデータとリンクしていないため、リストの内容に変更がある場合は、AddItemメソッド、Clear・RemoveItem メソッドを使って、値リストを直接編集します。

RowSourceプロパティを使って、複数列のセル範囲とコンボボックスの値リストをリンク設定(Excel VBA) ではColumnHeadsプロパティを使って値リストの上部に列見出しを表示することができましたが、Listプロパティで設定した値リストには列見出しをつけることはできません。

ColumnCountプロパティ

コンボボックスに表示する列数を設定します。既定値は1です。

今回は「ID」「名前」「性別」「年齢」の4列にしています。

ComboBox1.ColumnCount = 4

TextColumnプロパティ

TextColumnプロパティには下記2つの機能があります。

コンボボックスに表示される列

値リストから選択したとき、コンボボックスに表示される列になります。

今回は「2」としているので2列目「名前」の「サザエ」がコンボボックスに表示されます。

ComboBox1.TextColumn = 2

Textプロパティで値取得される列

Textプロパティで値取得される列になります。規定値は1列目です。

「ComboBox1」には、TextColumnプロパティで設定している、2列目「名前」の「マスオ」が入っています。これをTextプロパティで取得すると「マスオ」がダイアログ表示されます。


▲「テキストを取得」ボタンに、ComboBox1のTextプロパティの値をダイアログ表示させる処理を追加しています。

Private Sub テキストを取得_Click()
    MsgBox ComboBox1.Text
End Sub

ColumnWidthsプロパティ

コンボボックスの値リストの各列の幅を設定します。列幅と列幅の間に「;」セミコロンを入れて区切ります。
「0」を指定すると、その列は非表示になります。
空白を指定すると、既定の列幅での表示になります。
単位の規定値は「ポイント」ですが、ほかの単位を指定することもできます。

今回は全ての列を表示させています。

ComboBox1.ColumnWidths = "30;35;30;35"

「0」に指定した列は非表示に、空白を指定した列は規定幅に設定されます。

ComboBox1.ColumnWidths = "0;35;;35"

数値の後ろに単位を入れれば、ポイント以外の単位を使うことも可能です。

ComboBox1.ColumnWidths = "1cm;1cm;30;35"

Withステートメント

1つのオブジェクトに対して、複数のプロパティやメソッドを記述する際、Withステートメントを使用して、コードを簡略化することができます。

今回は ComboBox1 に対して、下記のような処理を指定するのですが「ComboBox1.」が何度も出てきて、画面がゴチャゴチャしていますよね。

ComboBox1.ColumnCount = 4               '表示列数
ComboBox1.TextColumn = 2                '表示列
ComboBox1.ColumnWidths = "30;35;30;35"  '列幅
ComboBox1.List = ary_d                  '参照範囲

Withステートメントを使うと、このように簡略化できます。

With ComboBox1
    .ColumnCount = 4               '表示列数
    .TextColumn = 2                '表示列
    .ColumnWidths = "30;35;30;35"  '列幅
    .List = ary_d                  '参照範囲
End with

ColumnHeadsプロパティは使用不可

コンボボックスに列見出しを表示する・表示しないを設定する「ColumnHeadsプロパティ」は、Listプロパティで設定した値リストに使用することはできません。

RowSourceプロパティで設定した値リストでは使用できるので、下記ページをご参照ください。

RowSourceプロパティを使って、複数列のセル範囲とコンボボックスの値リストをリンク設定(Excel VBA)

内容
True列見出しを表示します。
False列見出しを表示しません。(既定値)

【参考】

VBA(マクロ)作成の前、リボンに開発タブを表示させる(Excel VBA)
ユーザーフォームの作成方法 準備(Excel VBA)
ユーザーフォームのオブジェクトの名前を「UserForm1」から変更する方法(Excel VBA)
ユーザーフォームの上のバー(タイトルバー)の名前を「UserForm1」から変更する(Excel VBA)
ユーザーフォームのオブジェクトウィンドウとコードウィンドウを表示切替させる方法(Excel VBA)
「オブジェクト名が不正です」を出さないようにユーザーフォームオブジェクト名を命名規則に従って変更(Excel VBA)
エクセルファイルが開いた時にユーザーフォームを表示させる方法(Excel VBA)
エクセル フォームのラベルのテキストを縦書きにする方法(Excel VBA)
AddItemメソッドを使ってコンボボックスの値リストを設定する(Excel VBA)
RowSourceプロパティを使ってセル範囲とコンボボックスの値リストをリンク設定させる(Excel VBA)
RowSourceプロパティでリンク設定したコンボボックス値リストにデータを追加・削除する(Excel VBA)
コンボボックスにListプロパティを使って 配列に格納したセルデータを値リストとして設定する(Excel VBA)
既存のコンボボックスの値リストにAddItemメソッドでデータを追加する(Excel VBA)
既存のコンボボックスの値リストのデータを、Clearメソッドで全て削除して初期化する(Excel VBA)
既存のコンボボックスの値リストの項目を1件 RemoveItemメソッドで削除する(Excel VBA)
選択する項目の文字数に応じてコンボボックスのサイズ(幅・高さ)を自動変更する(Excel VBA)
コンボボックス 値リストに設定した項目以外は入力できないようにする(Excel VBA)
コンボボックス 値リストに設定した項目以外も入力できるようにする(Excel VBA)
コンボボックス プルダウンを開いた時の値リストの最大表示件数を指定する(Excel VBA)
コンボボックス ドロップダウンのポチってするところ(ドロップボタンスタイル)を▼から変更する(Excel VBA)
コンボボックス リストの中から初期値を設定するListIndexプロパティ(Excel VBA)
コンボボックスの値リストに設定された項目の件数を取得する(Excel VBA)
RowSourceプロパティを使って、複数列のセル範囲とコンボボックスの値リストをリンク設定(Excel VBA)
コンボボックスにListプロパティを使って配列に格納した複数列のセルデータを値リストとして設定(Excel VBA)

■■■スポンサーリンク■■■